保湿効果の高い化粧水で美肌に仕上げる|ビューティーケア特集

乾燥肌対策と今後

ガッツポーズ

乾燥肌では、肌の水分量の低下などにより肌がカサついた状態である。その為、保湿を行い水分量を保つことが重要になる。化粧水を利用する際には、保湿力の高さと合わせ、水溶性成分の浸透力の高いものを選ぶとより効果的である。

More Detail

浸透力を高めるコツ

美容液

洗顔後にするといいこと

洗顔をした後は肌を乾燥から守るために化粧水をつけて保湿をすることが大切です。化粧水はただつけるよりも、ちょっとひと手間かけることで保湿成分の浸透力が高まります。ホットタオルを顔にのせたり、美顔スチーマーをあてたりすることで毛穴が開いている状態になり浸透が高くなります。化粧水はコットンではなく手のひらに出してからつけたほうが人肌の温度で温かくなり、肌なじみが良くなって保湿効果が高まります。最後に優しく10秒間ハンドプレスするとなお効果的です。夜は化粧水のあとに美容液→乳液をつけます。朝の場合は美容液を省いて乳液だけをつけてもOKです。必ず乳液などの油分系を最後につけて「ふた」をすることが大事です。

人気のブースター

化粧品カウンターやドラッグストアなどで沢山の種類の化粧水が販売されています。そして、それらの化粧水の効果を高めるために売られているのが「ブースター」です。ブースターは、プレ化粧水、導入剤などという名称もあります。いつも使っている化粧水の前につけると、洗顔では取れなかった汚れや角質、水道水の塩素などが取れて、スキンコンディションが化粧水の成分を受け入れすい状態になります。値段がお高いアンチエイジング系の化粧水はたっぷり使うのがもったいないですが、ブースターと併用すればたっぷり使わなくてもしっかり保湿できます。ブースターをいつも使っている基礎化粧品にプラスだけで、ワンランク上のスキンケアができます。

潤いは重要なポイントです

微笑む女性

近年、エイジングケアには保湿が大切だという認知が広がってきました。このため、化粧品メーカーからも高保湿が可能な化粧水が多く販売され人気を集めています。ナノ化などの技術も向上しているため、今後も人気は衰えないでしょう。

More Detail

肌の潤いはスキンケアで

にっこり笑うレディー

保湿には化粧水をたっぷり使いましょう。1度だけではなく、何度も肌が吸収するだけ重ね付けしたほうが良いくらいです。今後はより大容量の化粧水が増えるかもしれません。コットンなどとセットにして販売することもあるかもしれません。

More Detail